派遣会社に登録して面接を受けるときに好印象を与えるおすすめの話し方

派遣会社に登録して働く場合、派遣先の第一印象を意識しなければいけません。 第一印象が悪いと言われがちな方には、必ずそう思われる原因があります。 顔のせいにしている方も中にはいますが、実はそうではなく、気を付けるポイントをしっかり押さえることができていないだけのことです。

派遣会社に登録して働く場合、派遣先の第一印象を意識しなければいけません。
第一印象が悪いと言われがちな方には、必ずそう思われる原因があります。

顔のせいにしている方も中にはいますが、実はそうではなく、気を付けるポイントをしっかり押さえることができていないだけのことです。

派遣会社に登録して、派遣先の面接を受ける場合は、「第一印象が悪いと思われがち」なんて、悠長なことは言ってられません。

今回は、派遣会社に登録して、派遣先の面接を受けるときに好印象を与えるおすすめの話し方を紹介します。

派遣会社に登録して面接を受けるときに好印象を与えるおすすめの話し方1

派遣会社に登録し、派遣先の面接を受けるときに好印象を与えるおすすめの話し方は、「話す速度を抑える」ということです。

人がしっかり聞き取れると感じる話す速度は、1分間で400~450文字と言われており、大体原稿用紙1枚分と同じです。

派遣会社に登録して面接を受けるときに緊張して早口になってしまうと、好印象を与えにくいのでおすすめできません。
例え、自分の見た目に清潔感があっても、話している内容が分かりにくければ、イメージアップには繋がらないでしょう。

派遣会社に登録して面接を受けるときは、自己PRをしっかり伝えることをおすすめします。

すべての返答で、1分間に450文字というのを意識しすぎると、逆に言葉がたどたどしくなってしまいかねません。

自己PRだけは、しっかりとその話す速度を実践できるように練習しておきましょう。
派遣会社に登録して、面接を受ける前に、書き起こした自己PRの文字数を計算し、実際に読んでみることをおすすめします。

派遣会社に登録して面接を受けるときに好印象を与えるおすすめの話し方2

派遣会社に登録し、面接を受けるときにおすすめする2つ目の話し方は、「声のトーンを上げる」ということです。

第一印象であまり良い印象を持たれないという方は、この声のトーンを上げるということを実践していないのではないでしょうか。

普段、友人や家族と話しているときと同じトーンで、派遣会社に登録して面接を受けると、ハキハキしていないという印象を与えがちになるので、おすすめできません。

あまり上げすぎるのもNGですが、いつも自分が話しているイメージは捨てて、「自分の声をしっかり伝えよう」という意識をすれば、自然に聞き取りやすいトーンになります。

また、面接の場だけでなく、派遣会社を通じて派遣先と電話で話す場面でも、声のトーンには気をつけることをおすすめします。

電話の声は、低い音を拾いにくいシステムになっているので、より意識しないと聞き取りにくい声になってしまいます。

特に男性の場合は、声のトーンに気を付けなければいけません。
面接を受ける前に、派遣会社に自分の声について相談してみるのもおすすめです。

派遣会社に登録して面接を受けるときに好印象を与えるおすすめの話し方3

冒頭で触れた、話す速度に似ていますが、緊張してしまうと自分が話したいことを早いテンポで話してしまいがちになります。

派遣会社に登録して面接を受けるときは、話をする「間」というものを大事にすることをおすすめします。
面接官が話しているタイミングで、こちらが話し始めたりしないように注意しましょう。

例えば、面接官から質問をされたとします。
その質問に対してすぐに内容を話し出すのではなく、「はい」や「そうですね」と1度間を取って、それから話し出すようにしましょう。
特に、質問に対しての返答が長くなるときは、もっとも伝えたい言葉の直前で少し間を取るようにすれば、上手く伝わりやすくなるでしょう。

派遣会社に登録して面接を受けるときには、そのような話術を使って、できるだけ面接官を引きつけるようにすることをおすすめします。

また、派遣会社に登録して面接を受けるときには、「相槌」を意識するのも、好印象を与えることに繋がるのでおすすめです。

相槌は、「いや」や「ではなくて」など、否定的なイメージの言葉は使わないようにしましょう。

質問をされて返答するときに、「いや、私は・・・」と言ったように、無意識に否定をしてから返答する方がいます。

これは話している本人は無意識の場合が多く、意識しなければなかなか改善できません。
派遣会社に登録して面接を受けるときは、無意識に面接官の印象を悪くする言動というのは避けたい為、おすすめできません。

少し否定したいと思う場面でも、1度「そうですね」とワンクッションを置いた上で、「ただ・・・」と言ったように、なるべく肯定的な話し方を心がけます。

面接官は、肯定的に話をする方に対して、嫌悪感を抱き難くなるのです。

派遣会社に登録して面接を受けるときに好印象を与えるおすすめの話し方4

他にも、派遣会社に登録して働くときに好印象を与えるおすすめの話し方があります。

例えば、面接官からの要求にどうしても応えられない場合があったとします。
休日出勤が困難であるにも関わらず、「休日出勤が可能かどうか」という質問をされた時などです。

この質問に対して、「できません」とすぐに答えてしまうのは、派遣会社に登録して面接を受けるときに、とても不快な思いを与えてしまうので、おすすめできません。

派遣会社に登録して受ける面接で、こういうケースになったときは、「代わりの案を提案する」ということをおすすめします。

先ほどの休日出勤で言うと、すぐに無理とは言わずに、「休日の趣味が、仕事を円滑に進めることに繋がっています」という風に前置きをします。

その後、「少し休日出勤は難しいかもしれませんが、ご相談に応じて頂ければありがたいです」という様に、「休日出勤できる」という発言はしないようにします。
このケースの場合、「相談に応じてほしい」というのが、代わりの案ということになります。

派遣会社に登録して面接を受けるときは、面接に受かりたいという気持ちが強いかもしれませんが、すべて肯定するだけというのはおすすめできません。

思わず、面接に合格したいという強い気持ちから、「休日出勤できます」と答えてしまい、派遣された後にやっぱりできないということになる方が、後々、派遣会社との関係性が悪くなってしまうことになり兼ねません。

派遣会社一覧

  • スタッフサービス <small>-TVCMで話題!-</small>
  • テンプスタッフ
  • リクルートスタッフィング
  • アデコ
  • パソナ人材派遣
  • マンパワー