派遣会社に登録して産休代替で働く方が知っておくべきこと

派遣会社に登録して働く方の中には、「産休代替」という立場で働く方もいます。 一般的には、女性が多く務めていることの多い事務職などで、このようなケースが多く見られます。 「産休代替で働くのは、普通の派遣社員と何が違うの?」 「そもそも、産休代替って何?」 という方も中にはいるでしょう。

派遣会社に登録して働く方の中には、「産休代替」という立場で働く方もいます。
一般的には、女性が多く務めていることの多い事務職などで、このようなケースが多く見られます。

「産休代替で働くのは、普通の派遣社員と何が違うの?」
「そもそも、産休代替って何?」
という方も中にはいるでしょう。

確かに、産休代替というシステム自体を知らなければ、「産休代替の求人を紹介します」と派遣会社に言われても、ピンと来ませんよね。

産休代替についての説明と、派遣会社に登録して産休代替として働くことについて知っておくべきことを解説していきます。

産休代替とは

産休代替は、派遣先企業の社員の方が、産休や育休で休業をするときに、その代役として働くということです。

派遣会社に登録して働くということは、正社員と違って期間が定められているということになりますが、産休代替は特に、「期間限定の助っ人」というイメージが強いです。

派遣会社に登録して派遣先を探す中で、大手の企業ではこの産休代替を求めている企業が多く、基本的には、産休や育休という制度がしっかり整備している企業に派遣されることが多いのが特徴です。
有名な大企業で働けるというチャンスにも大きく繋がります。

派遣会社に登録して産休代替で働くときに求められる役割

派遣会社に登録して産休代替として派遣されるというのは、高いスキルを要求されることが多いです。

休んでいる方の穴を埋める役割ですから、どうしても休業して戻ってくる正社員の方と、スキルを比較されることが多く、簡単にこなせるポジションではありません。

そして、産休代替を企業が求めているということは、休業した社員の方は「抜けられると困る存在」ということになりますよね。
ですので、なおさら高いレベルで仕事をしないといけないのです。

今まで派遣会社に登録して、いろんな派遣先での経験を積んでいる人は別として、初めての派遣先が産休代替の場合、最初はかなり苦戦することが予想されます。

また、産休代替として派遣されたはいいものの、すでにそのポストの方が休業に入っているかもしれません。
そうなると、担当していた方以外の社員に、仕事の手順などを教わることになる可能性も有ります。

派遣先の社員の方は、「産休代替でやってきた派遣社員」ということは分かっていますから、どうしても同じような感じで仕事を振られることにもなるでしょう。

派遣会社に登録して働く現場とはいえ、産休代替は責任感が問われる立場にいきなり立つことになることも、事前に心得ておきましょう。

派遣会社に登録して産休代替で働く前に注意しておくべきこと1

派遣会社に登録して産休代替で働く前に注意しておくべきこと1つ目は、「しっかりと引き継ぎの期間が設けられているか」というところです。

先ほどもこの件に関して少し触れましたが、産休代替として派遣先に行ったものの、すでに前任の方が休業に入ってしまっていては、なにから手をつけたらいいのか分かりませんよね。

もし派遣会社に登録して、産休代替の派遣先に行くことが決まった場合、前任の方と直接会って、引き継ぎをする時間はあるのかどうか、確認しておきましょう。

派遣会社に登録して、産休代替で働くということは、「最初から即戦力として派遣されることが分かっている」ということが殆どのケースです。

業務内容にもよりますが、責任の大きいポジションの穴埋めをしないといけない場合は、最低でも1ヶ月は引き継ぎの期間を設けているところを選びましょう。

そしてできるだけ、派遣会社に登録して最初の派遣先は、産休代替を選ばない方が無難です。

もちろん、過去に同じ業務での経験があったり、同じ職種の資格があるという場合は、選択しても構わないと思います。

派遣会社に登録して、産休代替として働く場合に、「引き継ぎ書」が用意されているケースもあります。
確かに引き継ぎ書を読めば、ある程度の業務内容は分かるかもしれませんが、質問したいことがあっても質問できない場面がどうしても出てきます。

また他の社員の方から、「○○さん(前任者)はこういう風にやっていたのに」と思われ、要領が分からないだけで「仕事ができない」と思われてしまう可能性もあります。

派遣会社に登録して産休代替で働く前に注意しておくべきこと2

派遣会社に登録して産休代替で働くとき、もう1つ確認しておきたい重要なことがあります。

それは派遣先に、「休業している方の仕事を理解している方がいるのか」ということです。
これも、派遣会社に登録して、産休代替で働くことが決まったときに、必ず確認しておきましょう。

休業している方しかその業務のことを理解している方がいない場合は、なおさらしっかりと引き継ぎの期間を設けてもらう必要があります。

自分1人で、引き継ぎ書に書いてある通りに進めることができても、イレギュラーが発生したとき聞く方が誰もいなければ、自分にとっても派遣先にとっても良くありません。

もちろん、休業している方が担当している仕事が、複数の社員で行われている仕事ならば、問題はありません。
派遣会社に登録して、産休代替で働く前には、自分の身を守るという意味でも、確認しなくてはいけないことが多くあります。

派遣会社に登録して産休代替で働く前に注意しておくべきこと3

派遣会社に登録して、産休代替で働く前に注意しておくべきこと3つ目は、「産休代替として働く期間について知っておく」ということです。

産休代替でよく起こるケースとして、産休や育休で休業していた派遣先の社員が、そのまま退職するというケースです。

そういう場合、当初契約で言われていた期間よりも働く期間を伸ばせないか打診される、という場合があります。
派遣会社に登録して、できるだけ長く働きたいという方であれば構いませんが、短期で退職したいという方は、最初から契約の変更には対応できない旨を派遣会社に伝えておきましょう。

場合によっては、紹介予定派遣のように、その穴を直接埋めるために正規雇用をしてもらえる可能性もあります。

そのように契約内容が変更するかどうかについても、正社員雇用を将来的に望んでいる方であれば、確認しておくべきでしょう。

派遣会社一覧

  • スタッフサービス
  • テンプスタッフ
  • リクルートスタッフィング
  • アデコ
  • パソナ人材派遣
  • マンパワー