派遣会社に登録してデータ入力業務で働くときに必要なスキル

データの入力業務は、派遣社員の仕事の中でも非常に人気の高い仕事です。 しかし人気が高いとはいえ、倍率が高いので、誰でも就職できるとは限りません。 今回は、派遣会社に登録してデータ入力業務を行う上で、必要なスキルレベルはどれくらいなのかについて解説していこうと思います。

データの入力業務は、派遣社員の仕事の中でも非常に人気の高い仕事です。
しかし人気が高いとはいえ、倍率が高いので、誰でも就職できるとは限りません。

今回は、派遣会社に登録してデータ入力業務を行う上で、必要なスキルレベルはどれくらいなのかについて解説していこうと思います。

派遣会社の登録会では、パソコンスキルのチェックが行われ、基本的なタイピングやソフト操作のスキルを披露することになります。
データ入力業務を希望しているという方は、最低限のラインはクリアできているのかどうか、事前に確認しておくといいでしょう。

派遣会社に登録してデータ入力業務で働くときに必要なスキルと言えば?

派遣会社に登録して、データ入力業務で働くときに必要なスキルと言えば、1番最初に思い浮かぶのが、タイピングのスキルです。

タイピングのスキルは、どれくらい必要なのでしょうか?
一般的に、和文のタイピングであれば、1分間に100文字以上、テンキーのタイピングであれば1分間に150文字以上が理想と言われています。

もちろん、タイピングのスピードだけではありません。
正確性もきちんとチェックされていて、95%以上は正確にタイピングできるように、事前にスキルを磨いておきましょう。

この基準が、すべての派遣会社の登録会で適応されるというわけではありませんが、これだけできて「タイピングのスキルを持っている」と初めて言えるレベルだと言えます。

もちろん、これ以上早くタイピングができるに越したことはありません。
パソコンのタイピングのスキルが高いと派遣会社の登録会で判断されると、待遇が良い仕事を紹介してもらえやすくなります。

データ入力業務で働く場合、基本的に影響があるのは、タイピングのスキルのみです。

派遣会社の登録会のスキルチェックは公開される

先ほど、タイピングのスキルが高いに越したことはないと言いましたが、それにはまだ理由があります。

上述の目安を自分がクリアしていたとしても、他の派遣会社に登録している方のスキルがもっと高ければ、候補からはじき出されてしまいます。

つまり、必ずしもスキルが高いからと言って、希望する仕事に就けるとは限らないということになります。

そして、派遣会社の登録会のスキルチェックの内容は、派遣先企業へ情報が公開されます。
その情報を見て、派遣会社は顔合わせを行うかどうかの判断材料にするのです。

従って、場合によっては、このスキルチェックの時点で、顔合わせや職場見学まで進まずに、不採用となってしまう場合もあるということを頭に入れておきましょう。

派遣会社の登録会のスキルチェックで気をつけること1

当たり前のことですが、スキルチェックを行うパソコンは、いつも自分が使っているものとは違います。

パソコンが変われば、サイズ感やキーボードの位置も微妙に変わってくることになるため、臨機応変に対応しなくてはいけません。

自分が使い慣れているパソコンでは、もっと早く打てるはずなのに、なかなかスキルが発揮できないというシーンも考えられるでしょう。

派遣会社の登録会の前に、タイピングの練習はいくらでもできます。
ただし、自分にとってベストな状態でスキルチェックはできないということを、あらかじめ知っておきましょう。

派遣会社の登録会のスキルチェックで気をつけること2

先ほど、パソコンがいつも使っているものと違うことなどが原因で、思ったように結果が出ないという場合もあります、とお話しました。

しかし、そこで「本当はもっとできる」や「パソコンが違うので納得できない」というような発言は絶対にしてはいけません。

派遣会社の登録会では、みんなが同じ条件でスキルチェックを行っています。
いつもと違う環境でも、結果を出せる方は、それだけのスキルをちゃんと持っているということです。

こういう発言を派遣会社の登録会でしてしまうと、パソコンのスキルというよりも性格や内面でマイナスなイメージを持たれることにも繋がりかねません。

派遣先に対してすぐに文句を言ったり、嫌な仕事から逃げてしまうのではないか、というイメージが付いてしまうと、派遣会社に登録する上で非常に不利になってしまいます。

結果が良くなかったとしても、そこに出ているのは間違いなく、あなたの現段階のスキルを反映させた結果です。

もし、パソコンが変わって結果が出なかったというのであれば、パソコンが変わっても結果が出せるほどの技術を身に付けるしか方法はありません。
結果を真摯に受け止めることは、非常に重要なメンタルコントロールスキルであることも忘れてはいけません。

派遣会社の登録会のスキルチェックをやり直したい場合

派遣会社の登録会で行われるスキルチェックは、申告すれば何回でもやり直すことができます。

もちろんタイピングのスキルは、毎日のように向上していくものです。
1度スキルが低いと判断されたからと言って、ずっとそのデータのままでは、いつまで経ってもデータ入力業務に就くことはできませんよね。

何度でも、派遣会社のコーディネーターに伝え、スキルチェックの場を設けてもらいましょう。
パソコンのスキルチェックをした日が、派遣会社に登録した初日、つまり登録会の場だった場合は、基本的に後日にまたチェックの場が設けられます。

しかし中には、自宅にある普段自分が使っているパソコンで、スキルチェックができるという派遣会社も存在します。

大手の派遣会社に登録すれば、そのようなサービスも受けることが可能です。
なるべく自分のスキルが最大限に発揮できる環境で、スキルチェックを行いたいという方は、利用してみない手はないでしょう。

忘れてはいけないのが、最終的に派遣会社に登録してデータ入力業務で働く場合は、必ず自分にベストな環境ではスタートできないということです。

慣れないパソコンや、仕事環境に適応していくスキルは、どのみち必要になってくるということですね。

派遣会社に登録して、データ入力業務で働くときは、歩合制の仕事というのも視野に入れて探してみても、面白いかもしれません。
例えばタイピングのスピードに自身がある方は、入力すればするだけ給与が上がる、というような会社をおすすめします。

スキルチェックの結果が良くても決して慢心せずに、派遣先に入社できるときにはもっとスキルが向上するように、普段から心がけておきましょう。

派遣会社一覧

  • スタッフサービス <small>-TVCMで話題!-</small>
  • テンプスタッフ
  • リクルートスタッフィング
  • アデコ
  • パソナ人材派遣
  • マンパワー