派遣会社に仕事を紹介してもらいやすくするためのおすすめの方法

派遣会社に登録されている方は、派遣会社から仕事のオファーを待つことになります。 しかしながら、なかなか仕事を紹介されない場合があります。 そういった方は、一度、自分自身にも原因があるかも知れない、と考えてみましょう。

派遣会社に登録されている方は、派遣会社から仕事のオファーを待つことになります。
しかしながら、なかなか仕事を紹介されない場合があります。
そういった方は、一度、自分自身にも原因があるかも知れない、と考えてみましょう。

今回は、派遣会社に仕事を紹介してもらいやすくするためのおすすめの方法を紹介します。
派遣会社が好まない人材とはどういった人材なのか、ということをきちんと把握しなければいけません。

派遣会社に仕事を紹介してもらいやすくするためのおすすめの方法1

派遣会社に仕事を紹介してもらいやすくするためのおすすめの方法は、「しっかり派遣会社との連絡を取る」ということです。

複数の派遣会社に登録し、並行して仕事を探すということが、早く仕事を見つけるポインントとなります。

もちろん、それを実践している方は多いですし、派遣社員として長く働いている方なら、なおさらでしょう。

しかし、派遣会社に登録しすぎて、どの派遣会社で紹介してもらった派遣先なのか、どの派遣会社で話した内容だったのか、分からなくなるというのはおすすめできません。

派遣会社に登録すると、細かい期間には違いがありますが、その派遣会社には数年間、登録者の個人データが残ることになります。

いきなり音信不通になったり、契約をドタキャンしたなど、ネガティブな情報は細かく派遣会社に残っていることが多いので、絶対におすすめできません。

やはり、いくつの派遣会社に登録している場合であっても細目に連絡を取り、社会人としての常識を踏まえた行動を取ることをおすすめします。

ネガティブな情報が残っている以上、なかなか同じ派遣会社で仕事を紹介してもらうのは、難しいという状況は変わりません。

万が一、前述したような社会人として非常識な行動を取ってしまった場合は、他の派遣会社で仕事を探すことをおすすめします。

派遣会社に仕事を紹介してもらいやすくするためのおすすめの方法2

派遣会社に仕事を紹介してもらいやすくするためのおすすめの方法2つ目は、「派遣会社との約束をしっかり守る」ということです。

約束に対してルーズな方は、派遣会社から警戒されることが多いので、おすすめできません。

具体的に言えば、場所と時間を指定されたにも関わらず、時間通りに到着しなかったり、そこに遅れてきたのに謝罪をしなかったり、というケースです。

また、持参してくるべきものを持ってきていないなど、社会人としての常識に欠ける方は言うまでもありません。

こういった非常識な行動は、派遣会社から「こういうことをする人だから、無断欠勤や音信不通にもなるかもしれない」と、悪い印象を持たれてしまうかも知れませんので、おすすめできません。
無責任な自分自身の行動1つで、どんどん仕事を紹介してもらえなくなります。

派遣会社との約束をしっかり守り、「この人には安心して仕事を紹介できる」というイメージを持てる、常識のある行動を取ることを取るようにしましょう。

派遣会社に仕事を紹介してもらいやすくするためのおすすめの方法3

派遣会社に登録している方の中には、人とのコミュニケーションを取ることが苦手という方ももちろんいると思います。

しっかり挨拶ができたり、しっかりと質問に答えることができれば、いくらコミュニケーションが苦手でも、仕事を紹介してもらえないということはありません。

しかし、「この人はコミュニケーションが取りづらい」という印象を与える行動は、おすすめできません。
分かりやすく言うと、例えば、態度が大きい人・傲慢な人が該当します。

派遣会社に仕事を紹介してもらう立場だからと言って、そこまでへりくだってコミュニケーションを取る必要はありません。
それでも、愛想が終始悪かったり、ずっと高圧的な多度を取ることはおすすめしません。

また派遣会社の話を聞かないというのもおすすめできません。
人が話していることを素直に聞く姿勢がない、というイメージを持たれると、仕事を紹介しても派遣先に嫌がられるということが容易に想像できます。

「コミュニケーションが取りやすいと思わせる言動を心がける」というのも、派遣会社に仕事を紹介してもらいやすくするためのおすすめの方法の1つです。

派遣会社に仕事を紹介もらうには、資格や経験ももちろん大切です。
しかし、資格や経験が豊富だからと言って、人としてのイメージが悪いと、当然仕事を紹介してもらえるまでには至りません。

どちらかと言うと、派遣会社はスキルが低くても、ある程度の協調性を兼ね備えた人の方に仕事を紹介したいと思う傾向にあるので、常に意識することをおすすめします。

なぜかと言うと、経験不足の方であっても、これから働いていくことで、スキルは徐々に向上することが予想できるからです。

態度が悪かったり、コミュニケーションが取りにくい性格というのは、これからの経験で治すというのが非常に難しい問題です。

もう1度言いますが、派遣会社に「この人は接しやすい」というイメージを持ってもらえるような、行動を取ることをおすすめします。

派遣会社に仕事を紹介してもらいやすくするためのおすすめの方法4

派遣会社に仕事を紹介してもらいやすくするためのおすすめの方法4つ目は、「転職の回数をなるべく減らす」ということです。

例えば、20代なのに転職回数が10回以上もあったり、また勤続年数が数ヶ月という職場ばかりというのは、派遣会社に良いイメージを与えないのでおすすめできません。

当然、派遣会社は、「うちで紹介した派遣先も、すぐに退職するのではないか」という不安がよぎります。

もちろん、過労死ラインに達している残業を前職で強要されたなど、やむを得ず退職したというケースもあるでしょう。
そういう事実がある場合は、派遣会社のコンサルタントに、しっかり事実を説明しておくことをおすすめします。

退職理由を聞かれたときに、曖昧に答えるのはNGです。
すでに転職が多くなってしまっている方は、その職歴を変えることはできません。

もし、安易に退職してしまった場合でも、派遣会社に悪いイメージを与えないような理由を説明できるように、事前に準備しておきましょう。

派遣会社一覧

  • スタッフサービス <small>-TVCMで話題!-</small>
  • テンプスタッフ
  • リクルートスタッフィング
  • アデコ
  • パソナ人材派遣
  • マンパワー