正社員登用を勝ち取る3つのポイント

派遣として働き続けていると、給与やライフプランの見通しが立たなくて不安になったことはありませんか?「契約期間などの縛りがあるため雇用が不安定」 「キャリア的に派遣を続けるだけだと不安」 「給与が少なくて貯金が出来ない」 「ボーナスが欲しい」 「年齢的に派遣として続ける自信がない」このような悩みを持った派遣スタッフさんは意外と多いです。実は派遣スタッフは他の非正規雇用者に比べて正社員登用される割合が非常に高く、派遣社員から正社員登録に成功した先輩も多数います!果たしてどんな派遣スタッフが派遣社員として働いていく中で正社員登用を打診されているのでしょうか?

色々な仕事を任されるように働いている

正社員登用を打診されている方の多くが派遣先で色々な仕事を任されるように働きかけいます。「派遣だから…」と諦めるのではなく、会社や社会にしっかりと貢献しようとしている考えが評価されることがあるようです。勿論派遣スタッフとして働いていた時の役割と正社員の役割は違うはずですが、意欲的に働きかけるアナタの姿勢が重視されます。

また、色々な仕事を任されるようになると、業務の幅や経験が豊富になるので正社員登用に繋がる理由として活用できます。

より多くの経験を積んでいる

派遣から正社員登用された先輩は、意外にも派遣として働いた期間が平均して長いのも特徴です。 日本人材派遣協会の調査によると、 あくまでも平均であって、中には入職から半年から正社員登用を打診されたケースもあるので、アナタの取り組み次第です。

また、正社員採用試験などではどれだけ1箇所の職場で長く勤めたかが重視されます。しかし、逆転の発想で、派遣の職歴ではどれだけ多くの業務経験を積んで即戦力になれるかをアピールするのが有利だと言われています。なので派遣スタッフとして働いている期間にどれだけ高度な業務に携われたかがアナタの経験になるので、「派遣」という雇用形態に捕らわれずに、積極的に様々な業務にチャレンジできるように働きかけましょう。

そして正社員登用の面接時にアピール出来るような経験を多く積んでいくことが、アナタを正社員登用に導く鍵です。

紹介予定派遣に変更出来ないか交渉する

今の職場を気に入って正社員登用を目指しているけれど、今の雇用形態が登録型派遣では正社員登用は無理かもしれないと思っていませんか?

せっかく派遣会社が間に入ってくれているので、営業担当者にアナタのキャリアプランを伝えてみましょう。 アナタの熱意や経験値によっては、登録型派遣から正社員登用を見込んだ紹介予定派遣に変更してくれる可能性があります。

派遣会社にアナタのキャリアプランや将来に対する不安を伝えることで、現在の就業先で正社員になれる可能性も高くなりますし、万が一無理だった場合も次の就業先は正社員登用の見込があるところを紹介してくれるかもしれません。